イオンで買える伊藤ハムの福袋にファン激怒 「完全に本気出していない」

伊藤ハムの福袋、お得感はあるのだが…

グルメ

2021/01/01 05:00


 

■ウインナーがアルトバイエルンではない

内容は肉団子にチキンナゲット、ベーコンに味噌ラーメン、ウインナー2袋とどう考えても1000円では買えない量がたっぷり入っていたのだが、気になるのはウインナーの種類である。

伊藤ハムファンなら間違いなく誰もが「伊藤ハム福袋なら間違いなくアルトバイエルンが入っているだろう」と思うはずだが、実際に入っていたのはアルトバイエルンより格下のウインナー『特選あらびきグルメ』。


関連記事:ショッピングモールの駄菓子店『夢や』の福袋 ワクワク感と実用性は最高

 

■全体を見ればお得だがファンは不満

特選あらびきグルメもそれはそれで美味しいのだが、伊藤ハム最高峰ウインナーであるアルトバイエルンが福袋に入っているイメージからのガッカリ感はハンパではない。

例えるなら中身がぎっしり詰まった見本のおせちを通販で買って届いたらスカスカだったレベルでの悲しさである。まあ全体を見ればお得なので仕方がないのだが、できれば1500円にしてもいいからアルトバイエルンを入れてほしいと思うのが伊藤ハムファンである。


■もう片方の福袋は文句ナシ

しかし、もう片方の伊藤ハムのトンデンファームブランドの福袋は、ギフトで買うと3000円以上する北海道産の高品質なベーコンやウインナーがたっぷり入って1,000円。こちらは文句のつけようがない「量少なめ・高品質福袋」の決定版と言っていいぐらいのお得さだ。

伊藤ハムの強烈なファンとしては残念感があった福袋だが、どちらも中身はたっぷりでお得感はあるため、ウインナーの種類にこだわらない人は買いである。また、そのほかにもしらべぇ編集部では「2021年の福袋記事」を配信している。気になった人はこちらもチェックしてほしい。

・合わせて読みたい→シュークリームの『ビアードパパ福袋2021』 中身はシンプルだけどファンには嬉しい

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(4枚)