堀北真希の妹・NANAMI、幼少期のトラウマで食べられなくなった物とは…?

ファッションモデルのNANAMIが番組収録後、しらべぇ記者の直撃取材に対応してくれた!

NANAMI

味が、匂いが、見た目が…無理! 誰にでもひとつはある「嫌いな食べ物=食敵」を扱う、新感覚の料理番組「ボクを食べないキミへ 〜人生の食敵〜」(NHK・Eテレ)が4日19時25分から3本連続で放送される。


画像をもっと見る

 

■堀北真希さんの妹・NANAMI

NANAMI

19時45分の放送回に登場するのは、アイデザイナーとしても活動しているモデルのNANAMI

元女優・堀北真希さんの妹で、2020年は雑誌のほかCMやテレビ出演が激増しブレイク。

多忙な毎日を送る彼女だが、ほぼ毎日自炊をするほど食へのこだわりが強いとか。今回対峙するのは大の苦手だというエビ(声・スピードワゴン小沢一敬)。番組出演の感想を交えて、話を聞いた。


関連記事:堀北真希さん妹・NANAMI、プールでポロリして赤面 「そのときの映像が…」

 

■保育園時代からの食敵

NANAMI

———今回の食敵はエビでした。どのへんが苦手なんですか!?

NANAMI:とにかくあの食感。生臭かったりするのが苦手なんです…。


保育園くらいのとき、家族でスーパーに行って「好きなおかず買って良いよ」と母に言われて、「やったー!」って大喜びしてお刺身をねだったことがありました。


うちの家庭はなまものが食卓にほとんど出なかったので、物珍しく思ったんでしょうね。絶対美味しいと思って買ってもらったのですが、まだ子供だった私には全然美味しくなくって…。


———甘海老の刺身とかは食感に好き嫌いありそうですもんね。

NANAMI:そうなんですよね。そんなショックと、楽しみな夕食がこんなツラいものになるなんて…という恨みからそれ以降エビを食べていません(笑)。

次ページ
■料理研究家リュウジを尊敬

この記事の画像(7枚)