いま、セブンとローソンの担々麺が熱い 食べ比べて分かった大きな違い

ローソンから「痺れる辛さ 担々麺」が新発売。セブンの「旨辛担々麺」と食べ比べてみると…

グルメ

2021/01/14 07:20


 

■麺と具材のバランスが最高だった

セブン 担々麺

セブン-イレブンの「旨辛担々麺」は、もやしやネギなどの具材がたくさん入っているのが印象的だ。

そして、一番目立つスープの色は、見ているだけで辛そうな真っ赤な色をしている…。気になるカロリーは698kcalと、ローソンの「痺れる辛さ 担々麺」と比べてもほぼ変わらない。

セブン 担々麺

この坦々麺、一口食べるとわかるがスープの色ほど辛くない。

旨辛という商品名がピッタリの辛さで、どこかクリーミーでマイルドなのだ。もやしや玉ねぎと一緒に麺を食べると、シャキシャキ食感も味わえる、麺と具材のバランスがとても良い一品である。


関連記事:セブンイレブン、中本汁なしカレー麺 お箸では食べられない代物だった

 

■どちらもオススメできる一品

ほどよい辛さと麺と具材のハーモニーが楽しめる、セブン-イレブンの「旨辛担々麺」。麺と濃厚なスープが絡み合う、「痺れる辛さ 担々麺」。どちらも個性が光るオススメの一品だ。

今回初体験だった「痺れる辛さ 担々麺」は辛いのにコクがある部分が気に入ったので、ゼヒ白飯と一緒に食べることを推奨したい。

・合わせて読みたい→セブンイレブン、一風堂監修の商品を一新 より本家に近づいた理由とは…

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(10枚)