他人に迷惑もかける“クズキャラ” ラランドのサーヤが相方への不満を吐露

ラランド・サーヤが相方のニシダを含めた“クズキャラ芸人”への怒りを滲ませ… EXIT・兼近大樹の鋭い考察に多くの反響が

テレビ

2021/01/15 12:15

ラランド・サーヤ

14日深夜の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は、20代のお笑い第7世代が「お笑い・芸人界の未来を明るくするための意見交換」をする『業界未来への提案』を放送。

ラランドのサーヤが相方への不満を打ち明けた他、EXIT・兼近大樹の、“クズキャラ芸人”に対する鋭い考察が多くの反響を呼んだ。



 

◼相方が“クズキャラ芸人”

お笑い界には「クズキャラ芸人、猫かわいがりの風潮」があるとサーヤは主張。

遅刻や借金などで周囲に迷惑をかけるクズキャラが「スゴいチヤホヤされる」とし、相方のニシダもそれに該当すると話す。「テレビの人がそういうクズキャラを大好きだからすぐ企画にする」とサーヤ。

収録中に盛り上がるのはいいが、楽屋に戻った際には「『テレビだから良いけど、俺はマジで嫌いだわ』ってマジで怒る、説教する大人がいないとダメ」だと力説した。


関連記事:ラランド・サーヤ、矢口真里に似ているとの指摘に本音 「嬉しくないよ」

 

◼クズキャラは「売れたら終わり」?

このサーヤの主張に、兼近は「クズキャラ芸人で残り続けるのってめっちゃムズい」と口を開く。

“クズキャラ”として人気を博せば売れて収入も増え、幸せになるとネタがなくなるため「先ねぇなって、俺はそれがかわいそうだと思う。ニシダさんとの収録にもいたけど、何年かしたら幸せになって『この人誰からも相手されなくなるんだ』って悲しくなった」と本音を漏らした。

次ページ
◼明かされる「岡野陽一の真実」