話題の「シュクメルリカップ麺」 禁断の粉チーズ追加で驚異の味に

日清が発売したシュクメルリヌードル。やばいくらいのニンニクパワーを誇る最高カップ麺だった。

シュクメルリ

2020年1月に登場し大ブレイクを果たした、黒海沿岸国・ジョージア料理を日本風にアレンジした松屋の「シュクメルリ鍋定食」。

今年1月19日から松屋にて復刻販売が開始されているが、時を同じくして、そのカップヌードル版が日清から発売されている。


画像をもっと見る

 

■松屋監修の新商品

シュクメルリ

鶏肉をガーリッククリームソースで煮込んだ料理であるシュクメルリ。

今回の新商品は「松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル」とまるで呪文のように長いタイトルで18日に全国リリースされており、コンビニなどで入手することができる。税別228円。


関連記事:松のや、“シュクメルリ”のイメージ覆す定食発売 テイクアウトも可能

 

■本気のニンニクパワー

シュクメルリ

このカップ麺、他の商品やこれまでの「ガーリック味」ヌードルとは一味も二味も違う。まず蓋をあけると、その瞬間から芳醇なガーリックの香りが一気に広がる。部屋いっぱいに…。

中には味付鶏ミンチ、キャベツ、チェダーチーズ風のキューブなどがゴロゴロ入っており、スープは超濃厚でクリーミー。しっかり混ぜないと、麺にはスープの塊がだまになって固まっているほどだった。

トロットロなため全く具材や麺が冷める様子がなく、麺を一気にすすればニンニクとチーズの香りとコクが一気に口の中に広がる。まさに後引くウマさで、大満足の一杯と言える。

次ページ
■禁断の合成魔法も

この記事の画像(10枚)