タモリ、4LDK庭付き一軒家の家賃に驚き 危険すぎる立地も話題に

タモリが案内人の家を訪問し、その家賃にびっくりした。

テレビ

2021/01/24 04:05

タモリ
(写真提供:JP News)

23日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が広島県呉市を訪問。今回、戦艦大和の故郷である呉がどうできたのかに迫る一方、呉ならではの住宅を目にしたタモリが驚き、ネット上でも話題となった。



 

■131段の階段が出現

タモリ一行が住宅地を歩いていると、突然、住宅へと繋がる長い階段が出現し、タモリは「おお~! これすごい!」とびっくり。これにはアシスタントの浅野里香アナウンサーも「え~!? 急斜面…!」と驚いた。

傾斜40度で131段の階段を前に、タモリは「こんなことってあるんですか…」と呟き、どこまでも続く階段を見上げる。

その後、実際に階段を登ることになった一行。途中で浅野アナは「酔っ払った時とかに踏み外したら…」と恐ろしい想像を口にし、一方のタモリは「酔っ払った時は(階段の)下で寝るしかないね」と返した。


関連記事:タモリ、浅野アナの嗅覚の良さにびっくり その理由は干支にあった?

 

■4万円の一軒家に住む案内人

タモリ一行は、階段を3分の2ほど上った先にある一軒家を訪問。昭和9年に建てられたこの家は、今回の案内人が賃貸で借りて住んでいる家だという。

「贅沢だね、これ一軒家でしょ? 借りれるくらいの家賃なの?」とタモリが聞くと、案内人は「実は非常にお安くて…4万円」と、家賃を明かした。

なお、この案内人の家は4LDKの間取りかつ庭も付いているそう。タモリはその家賃の安さに驚きながら「東京じゃワンルームも借りられないよね…」と話した。


■「あの階段がなければ…」

家賃4万円で4LDK庭付きの案内人の家に、多くの視聴者が惹かれたが「あの4万の物件は住みたいと思いました、あの階段がなければ…」「家賃4万は魅了的だけど階段が無理」と、長すぎる階段をネックに感じている。

しかし、一方で「こういう家いいなぁ、憧れるなぁ」「階段大変だけど4万円であの家いいなぁ」と、魅力を感じる視聴者も相次いだ。運動不足にならないという点では魅力的すぎるこの物件。だが浅野アナの言う通り、酔った時にはかなり危険である立地に違いない。

・合わせて読みたい→タモリ、地元で「たもり」と呼ばれる魚に出会う ネットでは「共食い」と話題に

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子