西武・栗山、無観客キャンプ残念がるも「緊張感は自分たちで作り出す」

埼玉西武ライオンズのキャンプ初日が行われ、今年2000本安打達成が期待される栗山巧外野手が取材に応じた。

1日、宮崎・日南「南郷スタジアム」で開始された埼玉西武ライオンズの春季キャンプ。

初日のメイン練習を終え、今年通算2000本安打を目指す栗山巧外野手が今季の思いを明かした。



 

■オンラインでの会見

栗山巧

例年は練習の合間に報道陣を集めて囲み会見が行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインでの実施に。

記者陣はスタジアムから80メートルほど離れた特別記者室からインタビューを行った。


関連記事:プロ野球、沖縄キャンプの無観客開催が決定 県庁は「延長する可能性」示唆

 

■「焦らず集中」

2020年シーズンは勝負強い打撃が目立ち、指名打者として初のベストナイン(ベストDH賞)に選ばれるなど奮闘。

2000本安打という大きな節目まであと74本に迫っていることを聞かれると「開幕からまずは出場できることを意識して、1本でも多くヒットを重ねたい。そして目標とする数字に着実に近づけるよう、焦らず集中していきたい」と控えめにコメント。

次ページ
■緊張感は自分たちで…

この記事の画像(1枚)