『麒麟が来る』いよいよ最終回 大河ドラマは「史実に沿うべき」だと思う?

長年日本の歴史を取り扱ってきた大河ドラマ。史実に沿うべきか聞くと…

エンタメ

2021/02/06 11:30

長谷川博己

7日の放送で最終回を迎えるNHK大河ドラマ『麒麟が来る』。明智光秀の一生を描いた作品の最終回は「本能寺の変」とタイトルがつけられており、日本の歴史上最大の謎とされる本能寺の変をどう描くのか、注目する人は多い。



 

■大河ドラマは史実に沿うべき?

主に日本の歴史を扱う大河ドラマだが、一部視聴者から「史実との違い」に不満の声が上がり、その内容が議論になる。

しらべぇ編集部が全国の10~60代の3,140名に実施した調査では、36.6%が「大河ドラマは史実に沿うべきだ」と回答。

半数以上は史実と異なる内容でも許容しているが、「沿うべき」と考える人も根強く存在している。


関連記事:井上真央主演最新作『大コメ騒動』 ポスタービジュアルと公開日解禁

 

■年代で意識に差

「大河ドラマは史実に沿うべき」と答えた人を年代別に見てみよう。

60代の割合が高く男性42.4%、女性41.4%。一方で20代、30代では男女とも60代と比べて10ポイントほど低くなっている。

次ページ
■「沿うべき」と話す人の声は

この記事の画像(2枚)