JR九州、開通10周年の「流れ星新幹線」が話題 運行に込めた想いを聞いた

「流れ星新幹線」光と花火のショーに酔いしれた夜。その感想とは…

話題

2021/03/15 12:45

流れ星新幹線
(写真提供:JR九州)

JR九州は14日夜、九州新幹線の全線開通10周年を記念した「流れ星新幹線」を特別運行した。また、筑後広域公園(筑後市)ではビューイングイベントが開催され、来場客は幻想的な景色に酔いしれた。


画像をもっと見る

 

■感動的なエピゾードの数々

JR九州は、運行にあたり全国から「願いごと」を募集したところ、8,350点の応募があった。応募理由にもぎっしりと想いが綴られ、家族愛、誰かの幸せをひたすら願う心、そして希望に満ちあふれた感動的なエピゾードの数々に、JR側は圧倒されたという。

福岡県に住むまおさん(8)は、父が香川県に単身赴任中。月に1回福岡に帰ってくる父を新幹線ホームで見送る際に、毎回泣いてしまうという。そんなまおさんの一番の願いは、「離れた暮らすお父さんと早く一緒に暮らしたいです」。

この願いごとは「流れ星新幹線」の車内に掲載されている。ほかの願いごと計777点が外装や客室内、デッキにポスターとして掲示中だ。


関連記事:氣志團・早乙女光の素顔にネット騒然 「流れ星のちゅうえいかと思った」

 

■7色の光を放ちながら運行

「流れ星新幹線」6両編成は、午後6時35分に乗客を乗せずに鹿児島中央駅を出発した。進行方向の左側すべての窓から7色の光を放ちながら、河川敷など見晴らしが良い区間では一時減速。途中熊本駅や新玉名駅、新鳥栖駅などでは停車し、博多駅に午後8時54分に到着した。

JR筑後船駅近くの筑後広域公園多目的広場では「ビューイングイベント」が開催され、2,105名が来場。

次ページ
■新幹線パフォーマンスショー

この記事の画像(4枚)