おいでやすこが、今後のコンビ活動についてホンネ 「必要ないっすよね」

お笑いコンビ・おいでやすこがの2人が映画『ミナリ』のヒット祈願イベントに登場。今後のコンビ活動について問われるとホンネが…

おいでやすこが

お笑いコンビ・おいでやすこがのこがけんとおいでやす小田が17日、東京・月島で行われた映画『ミナリ』大ヒット&アカデミー賞受賞祈願イベントに登場。

「M-1グランプリ2020」で準優勝を果たした実力派の2人だが、今後のコンビ活動については不透明であることを明かした。


画像をもっと見る

 

■「僕はこがけんのバーター」

おいでやすこが・こがけん

ハリウッド系映画のものまねを得意とするこがけんは、「映画イベントに2人で立つのは初めて。こんな経験ないですよ。衣装も着させてもらって…。作品と僕らの共通点はアジア人ということしかない。その中で僕らを選んでくれたのが嬉しい(笑)」と笑顔を見せ、感動もひとしおの様子。

おいでやすこが・おいでやす小田

一方、キレ芸でおなじみの小田は「僕はこがけんのバーターだと思いますけどね…」と冒頭から自虐的な雰囲気を醸し出し、あえて少々不機嫌な表情を見せていた。


関連記事:おいでやすこが、ブレーク後の給料暴露され… 「少ない」「厳しい世界」

 

■息が合っていそうで…

おいでやすこが・こがけん

「おいでやすこが」は、M-1出場のために急造されたユニットとあり、司会者から今後のコンビ関係について問われると「うーん、コンビ化はないですね」(こがけん)とピシャリ。

一拍おいて小田も「うん、必要ないっすよね」と続けると、思わずこがけんが「…必要、不必要で語らないで! 確かにピン芸人同士なので、息が合っていそうで合っていないですからね…」と悲しそうな表情に。

次ページ
■主人公と自分がリンク

この記事の画像(10枚)