自分の心は広いと思う? 狭くなりがちと自覚する世代が判明

自分の心が広いかどうかを調査してみると、傾向が顕著に

ライフ

2021/03/20 14:30

両手を拡げる女性
(mu_mu_/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一般的に自分に不利益なことや、災難が降り掛かったとしても、怒らない、あるいは謝罪を受け入れるなどして許す人を「心が広い」という。

一方で、他人の理解できない発言についイライラしてしまい、広い心を持つ人が減っているとの声も。「広い」という自覚がある人は、どのくらいいるのだろうか?


画像をもっと見る

 

■自分は心が広いと思う?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,880名に調査を実施した。


結果、「自分は心が広いほうだと思う」と答えた人は42.1%。半数は下回ったが、心が広いと自覚している人は多い。


関連記事:腹黒の自覚がある人は5割以上 あなたのレベルを診断テストでチェック

 

■心が広い人の特徴は…?

「自分は心が広い」と答えた人を男女別に見ると傾向が出た。

男女とも10代の割合が高く男性51.5%、女性51.7%と半数を超える。20代以降は「心が狭い」と感じる人が多く、40代男性は33.8%と最も低い割合となった。

次ページ
■広くない人の声は?

この記事の画像(3枚)