ビートたけし、マスク会食に異議 「そんな思いまでして飯食いたくねえ」

まん延防止等重点措置で大阪府が義務化を検討している「マスク会食」について、ビートたけしが異議。反応は賛否両論

2021/04/04 17:15

ビートたけし・北野武

4日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが大阪府が義務化を検討している「マスク会食」について、持論を展開した。



 

■東国原がマスク会食の義務化に言及

今回は東貴博がスタジオ出演。自身がオーナーを務める浅草のもんじゃ焼き店や浅草の街が新型コロナウイルス感染拡大の影響で「経営が苦しい」「閑散としている」と訴える。

そして、飲食店の時短要請が継続されている現状について「意味があると思えない」と持論を展開。

東国原英夫は、「いま大阪がやろうとしていることは『まん防』(まん延防止等重点措置)で。『まん防』で政令を変えて、マスク会食の義務化です。それであのパネル(アクリル板)とかそういったもの全部義務化にできるんですね」と現状を説明した。


関連記事:志らく、「うちの中でもマスク」に疑問 専門家は「できるわけない」

 

■たけしが否定的な意見

さらに東国原は「これを今、大阪府がやってます。これがどうなるか。実証実験なんですけどね。検証してみないと分からないですけども、僕はそれも一つの対策だと思う。今のままだったら本当の感染は減少しないですね」と大阪府が検討しているマスク会食の義務化に理解を示す。

たけしはマスク会食の義務化について、「そんな思いまでして飯なんか食いたくねえよ。だったらスーパーで食材を買って、いっぱい安いとか美味いの買って、自分やカミさんが料理してくれるの食って、酒飲んでたほうが、そりゃ気が楽だろう」と否定的な見解。

師匠・たけしの発言を聞いた東国原は「マスクの義務化っていうのは、飯を食うなって話です。究極の話」と真剣な表情で語った。

次ページ
■視聴者の反応は様々
テレビ朝日大阪府東国原英夫東貴博TVタックル新型コロナウイルスマスク会食
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング