水卜麻美アナ、一生かけて償う後輩への“罪” 「謝罪を続けようと思ってる」

水卜麻美アナウンサーが、後輩の北脇太基アナとともに『ZIP!』YouTubeチャンネルに登場。「仕事の名言」に視聴者から反響が相次ぐ。

エンタメ

2021/04/16 04:15

水卜麻美アナ

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが15日、『ZIP!』(同局系)のYouTubeチャンネル『日テレ「ZIP!」公式チャンネル』に出演。後輩・北脇太基アナの名前を言い間違えたことに触れ、「ずっと謝罪を続けようと思ってる」と明かした。



 

■一生かけて言い間違いを償う?

動画冒頭、「北脇太基くん」と名前を呼び、深々と頭を下げた水卜アナ。「顔を見られませんわ。今後、ずっと謝罪を続けようと思ってるんですけど。逆に記念すべきというか…いや、本当に申し訳ないと思ってる」と、『ZIP!』(同系)に異動した初回で北脇アナのことを「キタワリ」と噛んでしまい、以来、ずっと反省していることを明かす。

「これは一生、北脇くんの名前を正しいかたちで世に発信していくという義務が私には生まれたなって」と振り返る水卜アナに、北脇アナが「(そのとき以降の)『北脇』って発音、一番キレイだと思います」と褒めると、水卜アナは「すっごい気合い入ってるんだから! 家で何回、北脇って言ったかわからない。ちょっと本当よ」とストイックな一面を見せた。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次の嘘に水卜アナがクレーム 「みんな信じちゃうから」

 

■新人研修で水卜アナから学んだこと

水卜アナが「日本で誰より北脇ってキレイに言おうと思って頑張ってるのよ」と話すと、「北脇をキタワリって言う人はあまりいない。北脇を噛まれた経験がなくて逆に新鮮だなって」とイジる北脇アナ。

そんな北脇アナが新人研修で水卜アナから一番最初に学んだことは、「仕事の借りは仕事で返す」だったようで、感銘を受けているという。自身の言葉が恥ずかしかったのか、水卜アナは「あれだね。研修で滅多なこと言うもんじゃないね。痛くない?」と苦笑いを浮かべる。

「いやいやいや、それが僕自身に刺さってますから」とフォローする北脇アナに、水卜アナは「イジってないよね? キタワリって噛んだのを『ZIP!』で返せって言ってるわけじゃないよね?」と確認していた。

次ページ
■「仕事の借りは仕事でしか返せない」