仲里依紗がインスタで“盛れてない写真”を公開した理由とは… 「そんなもんよ母の日常」

炎天下の撮影後で疲労困憊だったという仲だが、写真加工アプリなどを使わずに、ありのままの写真を公開している。

エンタメ

2021/05/10 15:30

仲里依紗
(写真提供:JP News)

10日、女優の仲里依紗が公式インスタグラムのストーリーを更新し、写真加工アプリを使わないありのままの写真を公開した。



 

■「日焼けやばいしくぼんでる」

この日、仲はストーリーを更新すると、「日焼けやばいし、目がくぼんでるし、疲れてんね顔」「そんなもんよ、母の日常」とぼやきながら、カーネーションの花束を抱いて息子と2人でソファーに座っている写真を公開した。

肌が綺麗に撮れる写真加工アプリを使いこなせないという仲は、「街中で私見かけた人ががっかりしないように、盛れてない写真たくさん載せとくわ」と、あえて飾らないありのままの日常を切り取ったオフショットを公開したようだ。


関連記事:仲里依紗、ディズニーで身バレ危機 「タートルトークで名前を聞かれて…」

 

■炎天下の撮影後で目が開かず

仲は、このストーリーの前に更新されたインスタグラムで「炎天下の撮影で若干日焼けし、顔が疲れすぎて残念ながらほぼ目が開いてなく」と、疲れた顔の理由を明かしている。

インスタグラムに公開された写真のほうは、「死ぬほど写真撮ってもらったのに盛れてるのないからヴィンテージ加工? なやつにフィルターかけてどうにかした」のだそう。

その写真について、仲は「ギャル魂なのか、おバタリアン魂なのか、スレスレのラインをいってる写真」だと語っている。


■加工アプリは一般化?

今や、当たり前に使われるようになった写真加工アプリ。しらべぇ編集部が全国10代〜60代男女771名を対象に実施した調査では、10代女性の32.4%が「写真加工アプリに慣れデフォルトのカメラを使うのが怖い」と回答している。

写真の加工に慣れたせいでデフォルトのカメラを使うのが怖く感じる性年代別グラフ

加工した綺麗な写真も素敵だが、飾らないありのままの自分をサラリと公開できる仲のさり気ないカッコ良さ。ファンからも称賛のコメントが多数届いている。

・合わせて読みたい→仲里依紗、ヒカキンとコラボの“大事件” 母の愛に反響「私が泣いた」

(文/しらべぇ編集部・ゆきのすけ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の写真に加工をしたことがある男女771名(有効回答数)