重い荷物をラクラク輸送できる電動一輪車 災害時に「土のうを楽に運べそう」と評判も

行政職員からは「災害時に土のうを楽に運べそうだ」との声。

話題

2021/05/29 15:30

主に農家などが使用する一輪車(通称ねこ車)に、米や重い荷物を載せると、動かすことに一苦労する。そんな中、高専時代にロボットコンテストに準優勝した青年がその問題を解消するすぐれものを開発した。



 

■女性でも重い荷物を楽に

一輪車のタイヤを取り替えるだけで、電動化。30度の坂道も軽々と登ることができて、悪路にも強い。また片手で持てるほど軽く、女性でも簡単に扱えるのが特徴。


JAありだなどを通じて昨年10月から販売するとまたたく間に人気となり、みかん農家を中心に200台以上売れたという。


関連記事:塩地美澄、最近の婚活事情について明かす 「仕事現場で異性と会うたび…」

 

■学生時代のアルバイト経験から

この一輪車キット「E-Cat Kit」を発売するCuboRex代表の寺嶋氏は、地元和歌山で中学から高専時代にかけて、みかん農園でアルバイトをしていた。山の傾斜部の運搬作業に苦労し、悪路で転倒した苦い経験を持つ。そのため、みずから開発にチャレンジし、製品化。

電動一輪車
(写真提供:CuboRex)

山肌にあるみかん農地という、かなり傾斜の強い環境での使用に耐える必要があるため、高いトルク性能(回転する力)を引き出すことに苦労したという。

次ページ
■購入者からは多くの喜びの声

この記事の画像(2枚)