丸亀製麺の「釜玉うどん」をおいしく食べる方法 これだけで濃厚な味に…

丸亀製麺の定番メニューの「釜玉うどん」。だし醤油で食べるのが一般的だが、普段とは違うタレで楽しんでもウマいぞ。

2021/05/31 06:30

丸亀製麺

茹でたてのうどんに生卵を絡めて食べる「釜玉うどん」。だし醤油をかけて食べるのが一般だが、讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」の公式ツイッターがアレンジ方法を投稿していた。


画像をもっと見る

 

■釜玉うどんは「天だれ」で

それが、天ぷらをご飯に乗せて「天丼」にするときに使う「天だれ」をかけて食べてるというもの。

ええ…理解はできるが本当においしいのか…と疑ってしまうが、どうやら「すき焼きのような濃厚な味わい」になるという。今回は薬味なども入れずにシンプルに食べてみることにした。


関連記事:丸亀製麺、3月31日までに「きつねうどん」を食べておきたい理由2つ

 

■濃厚感が増してウマい

公式サイトによれば、だし醤油は「どんぶり2周半まわし入れる」のがおすすめとあったため、天だれも同じ量入れる。

気になる味は、これはこれでウマい! こってりとした甘さの天だれと卵が絡んで、非常に濃厚な味わい。「すき焼き感」とは少し違うが、甘いタレと卵が合わないわけがない。天ぷらと一緒に食べるとよりおいしそうだ。

ただやはり甘さが目立つため、中には苦手な人もいるかもしれない。そういうときは…

次ページ
■さらにだし醤油を足すと…

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

うどん丸亀製麺釜玉うどんアレンジ讃岐うどん裏技釜揚げうどん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング