スーパーで見かけた刺身、その正体に驚愕 「意味が分からない…」と戸惑いの声も

一部地域では「日常」でしかない光景。しかし他エリアの人々からすると、完全に意味不明な状態であり…。

話題

2021/06/03 05:15


 

■広島県民すらドン引きする事態に

まずは広島市内に本所を構える「広島県漁業協同組合連合会」に話を聞いてみることに。

すると「広島県北部でサメがわにと呼ばれている、という話自体は私も耳にしたことがあるのですが…」「それ以上踏み込んだ話は、こちらでは把握しかねます」という回答が。

100日後に死ぬワニ

続いては広島県出身の20代女性に「広島県北部ではサメのことを何と呼ぶか?」と聞いてみたところ、心当たりがないとのこと。答えを伝えた後も全くピンと来ておらず、若干引き気味で「?」マークの浮かんだ『100日後に死ぬワニ』のスタンプが送られてくる始末であった。


関連記事:森咲智美、スケスケ衣装で美ボディが露わに「神秘的」「御利益ありそう」

 

■県庁の水産課に話を聞くと…

広島県民にも伝わらないケースがあると判明した「わに」について、続いては同県庁の「水産課」に話を聞いてみることに。するとこちらの呼び方は、広島県および山陰地方の方言であることが判明。

担当者曰く、現代と違って流通の発達していなかった時代、傷みにくいサメの肉は同地域で非常に重宝していたそう。そのため祝いの日にサメ(わに)の肉を食べるという食文化が、根強く残っていたのだ。

ちなみに同地域では「サメの刺身」だけでなく、サメそのものを「わに」と呼ぶ風習があるそうだ。馴染みがない人からすれば完全に謎の名称だが、山陰地方出身の知人がいる人は、話のタネにしてみるとさらなる発見があるかもしれない。

なお「ねずみ」という表記については「ネズミザメを意味する」と「オナガザメを意味する」という意見がそれぞれ見られたが、「わに食」文化に精通した広島・三次市役所の担当者に話を聞くと、同市出身の人物が「ねずみ」と聞けば、多くの人はネズミザメを連想することが分かった。

三次市にはこの他にも、古来より約20種類以上の「わに」を食する文化が残っているという。

・合わせて読みたい→森田剛の退所でV6解散報道 ファンからは「受け入れられない」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(2枚)