冨永愛、タクシー乗車中に追突事故 「もしシートベルトをしてなかったら…」

冨永愛がタクシー乗車中、事故に遭遇したと報告。「ムチウチになってしまった」「結構痛い」と状況を伝えた。

エンタメ

2021/06/12 19:15

冨永愛

モデルの冨永愛が12日に自身の公式インスタグラムを更新。タクシー乗車中、事故に遭遇したと報告した。痛々しい写真も公開し、ファンから心配する声が集まっている。



 

■「ムチウチになってしまった」

冨永はこの日、外出先で撮影したと思われる写真を公開。白いマスクを着用し首元にはサポーターが巻かれている。

投稿では「タクシーに乗っていたら後ろから追突されて、ムチウチになってしまった」と明かし、「結構痛いけど…シートベルトをしていたからこれだけで済んだんだよね!」と状況を伝えた。


関連記事:『月曜から夜ふかし』嫁ニーが明かした新店の経営状況に驚き マツコも感嘆

 

■ファンへのお願い

また「もし、シートベルトをしていなかったら…。ムチウチだけじゃなくて、もっとひどい事になっていたはず。そう考えると怖い」と恐怖心をつづる。

さらにファンに向けて「シートベルトをしていて本当によかった…。みんな、ちゃんとシートベルトしようね!お願いね」とシートベルトの重要性を訴えた。

投稿には「大丈夫ですねか? 心配です」「ムチウチ痛いですよね、お大事にしてください」など心配する声が相次いでいる。また富永の訴えを受けて「ちゃんとシートベルトするよ」とのコメントも寄せられている。


■4割が「後部座席でも着用する」

シートベルトを締めていなければさらにひどいけがを負っていたかもしれない。ちなみにしらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,789名に調査を実施したところ、「後部座席でもシートベルトを着用している」と答えた人は37.4%だった。

後部座席でのシートベルト着用は道路交通法で義務化されているが、普及は進んでいないようだ。

ファンの中には富永の体だけでなく、仕事への影響を心配する人も多い。1日でも早くけがが治るよう願っている。

・合わせて読みたい→タイガー・ウッズ、自動車事故で両足首を粉砕骨折 後遺症や骨髄炎の不安も

(文/しらべぇ編集部・大五郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国の10~60代の男女1,789名 (有効回答数)