西武、ブランドン内野手が一軍昇格 ファームで残す「圧倒的な成績」にキーマンの声も

ファームで「圧倒的な成績」を残す西武のルーキー・ブランドン内野手。一軍昇格をつかみ取り、活躍が期待される。

2021/06/25 19:10

ルーキーの当たり年といわれている今季。各球団でルーキーの活躍が目立っているが、埼玉西武ライオンズにもスケールの大きい選手が存在する。それは、ドラフト6位指名で入団したブランドン内野手。25日に一軍に昇格し、ファンから期待の声が上がっている。



 

■ドラフト6位ルーキーのブランドン内野手

埼玉西武ライオンズ・タイシンガー・ブランドン大河

春季キャンプから一軍に帯同、オープン戦でもアピールを続け開幕戦からベンチ入りをはたし、プロ初安打が本塁打という離れ業をやってのけたが、4月3日に熱中症で登録抹消。

その後、一軍復帰したもののバットから快音は響かず、打率1割6分7厘と結果を残せずファームで調整となった。


関連記事:借金15で最下位のDeNA ファンは2年目・森敬斗内野手のブレイク期待

 

■出塁率の高さに注目

ファームでは得意の打撃でアピールを続け、25日に一軍昇格が決定。

気になる成績は、打率3割4分8厘、4本塁打、OPS(出塁率+長打率)は1.015と圧倒的な数字を残す。その中でも、注目したいのは出塁率の高さで4割3分9厘を記録。長打が打てるだけでなく、しっかりとボールを見極められる打者なのだ。

同じサードには、中村剛也内野手やコーリー・スパンジェンバーグ内野手などライバルが多く、出場機会は限られてくるだろうが、豪快な打撃と出塁率の高さをみせてほしい。


■ファンからは期待の声が…

球団公式ツイッターにアップされたインタビュー動画では、「チームの勝利に貢献できるように一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」と抱負を語ったブランドン内野手。ファンからは、「ファームで打っているから期待大」「これからのライオンズのキーマン」「これは楽しみ」など期待の高さが伺えるコメントが続出。

同じルーキーの若林楽人外野手はレギュラーとして起用されていたが、試合中に左膝前十字靭帯損傷のケガを負って長期離脱中。同期の悔しさを晴らすため、若手のホープとして活躍をみせてほしいところだ。

・合わせて読みたい→西武、投打かみ合い開幕3連戦を勝ち越し 主役は芸術的な本塁打を放った森友哉捕手

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

プロ野球ファーム埼玉西武ライオンズパリーグ中村剛也コーリー・スパンジェンバーグブランドン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング