チャーシューで麺が見えないデカ盛りラーメン 「弁慶」自信の一杯にノックアウト

東京の下町に展開しているラーメン店「弁慶」。パンチ力抜群のデカ盛りメニューに脱帽。

2021/06/29 04:00


 

■激ウマチャーシューに驚愕

弁慶

まずはスープから一口。背脂がたっぷり入っているが見た目ほど濃くはなく、まろやかな味わい。それだけでなく、ほんのりとスープの甘味が感じられるのが嬉しいポイント。ちなみに背脂の量はチョイス可能で脂多めこと通称「ギタギタ」がここの名物である。

弁慶

お目当てのチャーシューは、口に入れた瞬間にとろけてなくなった。正直、ここまでウマいチャーシューを食べたのは初めてである。

それもそのはず、国産の豚三枚肉をスープで長時間煮込んでから、醤油ダレに漬け込むほどのこだわりも持っているのだ。味が染み込んでいるので、スープのしっかり漬け込むのはもちろん、そのまま食べるのもオススメ。

弁慶

そして麺をすすって納得、背脂がガッツリと絡んでおりパンチ力は抜群。次のひと口がすぐに欲しくなってしまうのだ。


関連記事:冷凍食品のレベルじゃない 大阪の超人気店『カドヤ食堂』の冷凍ラーメンが激ウマ

 

■最終兵器にんにくを入れると…

弁慶

しばらく食べ進めたところで、卓上にあるおろしにんにくを投入。フタを開けた瞬間に食欲をそそる良い匂いが漂ってきた。

弁慶

スープに溶かしてから麺をすするとスープの味が一変。にんにくの大群が舌から侵入し、脳に襲いかかってくる幸せな時間に突入した。これは優勝だわ…。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■豆板醤で味変
ラーメンデカ盛りにんにくチャーシュー中毒背脂弁慶
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング