コンビニでレジ袋を買った客 「まさかの要求」に店員も困り果てる…

コンビニ店員が遭遇した、有料レジ袋の返金トラブル。法的問題点や店側が取るべき対応について、弁護士にも取材しました。

2021/07/06 05:30

コンビニのレジ
(DAJ/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

レジ袋の有料化や感染症対策など、日々買い物をするうえで「店のレジ」を取り巻く環境が、この1年で大きく変わった。しらべぇ編集部では、そうした中で起きている“あるトラブル”について話を聞いた。



 

■有料レジ袋の返金トラブル

コンビニエンスストアで働くAさん(20代)は、レジ袋が有料になったことで起きたトラブルを経験したという。

「レジで、1枚3円のレジ袋を購入したお客さまがいました。商品を一度レジ袋に詰めたのですが、後から『やっぱ袋いらない』と言われてしまって…」とAさん。

途中で客の気が変わったのか、1度購入した有料レジ袋の返品と返金を求められたというのだ。


関連記事:去年買ったそのエコバッグ大丈夫? もしかしたら超ヤバいかも…

 

■自己都合による返金は「法的に問題」

弁護士・齋藤健博先生

Aさんは「一度商品を詰めた(使用した)有料レジ袋は、店としても返金対象にはならないので…」と、対応に苦慮したと振り返る。

この有料レジ袋の返品・返金トラブルについて、齋藤健博弁護士は「いったん成立した契約に対し、専ら自己都合による返金を求めることは法的に問題が生じます。これは『契約の拘束力』という問題です。いったん契約が口頭でも成立すると、当事者双方はこれを遵守する債務を負担することになります」と指摘する。

次ページ
■レジ袋の代金は…

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

コンビニ弁護士トラブル返品返金齋藤健博レジ袋有料化
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング