松本人志、スタッフの過剰な気遣いに苦悩 『いいとも』時代に恥をかいて…

ダウンタウン・松本人志に気を遣うテレビスタッフの行動が「逆に迷惑」だと明かされて…。

2021/07/31 10:40

ダウンタウン・松本人志

30日放送『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)でダウンタウン・松本人志が、自分に気を遣いすぎて迷惑にすら感じる「スタッフの過剰な行動」に苦言を呈した。



 

◼ありがた迷惑

「ありがたいけど正直迷惑なこと」をテーマにトークが盛り上がるなか、おいでやす小田は、収録終わりにテレビ局のスタッフが楽屋からエレベーターまでの道のりを先導する気遣いが「ありがた迷惑」だと明かす。

「(場所を知っているので)正直1人で行けますやん。トイレしたいときもあるじゃないですか。ただ前でこう(案内)されたら我慢して(付いて)行かなしゃあないじゃないですか」とトイレに行きたくてもとりあえずエレベーターに乗らざるを得ないと苦笑。

1階で用をたそうと考えるも、1階には別のスタッフが待機しており、結局トイレに行けないままタクシーに乗車してしまうと嘆いた。


関連記事:松本人志、自身の結婚記念日の覚え方を告白 「絶対に言いたくないけど」

 

◼後藤も共感

「それがホンマにヤメてほしい」と苦い表情を浮かべた小田にフットボールアワー・後藤輝基も強く共感する。

「入りのときもそうやん。俺が(テレビ局に)入ってスタッフさんが入り口で待ってはって『こちらのほうです』って」楽屋まで案内してくれるのだが、「先導する人遅い。いや俺もう全然行けるで。初めての特番だったらどこの楽屋かとかあるけど、だいたい決まってる楽屋」と力説。

後藤の場合は、案内してくれるスタッフを追い抜かして「こっちですねって先に行くときある」と明かした。

次ページ
◼松本は『いいとも』で…
ダウンタウンテレビ気遣い松本人志スタッフフットボールアワー後藤輝基おいでやす小田人志松本の酒のツマミになる話ガードマン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング