大阪王将、1店だけの“幻の炒飯”が激ウマ ただ山盛りカニすべて偽物

大阪王将に「妄想カニ炒飯」なる珍メニューが登場。「カニ肉不使用」「妄想力でリミ解」とキラーワードが次々と…。

大阪王将

東京・大井町の「大阪王将」で“前代未聞”のカニ炒飯が登場。その味を確かめるべく記者は大井町に飛んだ。


画像をもっと見る

 

■ハート強い大阪王将の姿勢

大阪王将

現場に到着すると店舗前にはこのカニ炒飯を紹介するポスターが。

「全解放! 妄想カニ炒飯」(874円)と、堂々と“カニと妄想して食べるべし”というメッセージが表品名に記されており、「コノタラバ カニニアラズ」「妄想力でリミ解!?」「カニカマ主役級」「大躍進」「カニ肉不使用」と、あらゆるキラーワードで視覚に訴え続けてくる。

ここまで潔い料理、これまであっただろうか…。記者の興味はさらに高まった。


関連記事:かまいたちがガチで選ぶ「餃子の王将」メニューベスト5 まさかの結果に…

 

■炒飯の上に山盛りのカニ…カマ

大阪王将

今回の妄想カニ炒飯は、レタス炒飯に“タワー盛り”されたカニカマが乗っているという新商品。

庶民の味方・カニカマは確かにウマいが、やはり食感のプリプリ感、味わいは本物のタラバガニには及ばない。これを山盛りにしたところで、普通のレタス炒飯が劇的に変化するのかといえば答えはNOだ…そんなことを考えながら早速一口目を噛みしめると、想像をはるかに上回るウマさが待っていた。なんか思ってたのと違うぞコレ!

次ページ
■気になる味のほうは…
チェーン店中華料理チャーハン新メニュー炒飯大阪王将外食チェーン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング