西川貴教、TMR25周年ツアー中止を発表 「自らで判断できる催しは中止・延期」

西川貴教、T.M.Rのライブツアーの延期を発表。自らの手で判断できるイベントは中止・延期すると明かした。

2021/09/01 23:20

西川貴教

1日、ミュージシャンの西川貴教がツイッターを更新。自身がボーカルをつとめるT.M.Revolutionのライブツアーが中止になったことを伝えつつ、自身の考えをつづった。



 

■ライブツアー延期を発表

5月から実施されているT.M.Rのデビュー25周年ライブとなる『T.M.R. LIVE REVOLUTION’21 – VOTE -』の10/13以降の18公演を延期することを発表。「楽しみにお待ちいただいていたお客様にお詫び申し上げますとともに、皆様の安全を願っております」とファンへメッセージをおくった。

30日には、自身が主催す滋賀県・琵琶湖畔で行われる予定だった「イナズマロックフェス2021」の中止も発表。西川が関係するライブが連続で中止発表された。


関連記事:中川翔子の“大切なお知らせ”にファン涙 「大切なのは皆さんの命」

 

■スポーツ、文化、芸術は不要ではない

自身が主催を務めるライブが中止・延期が発表したことをうけて「誤解していただきたくないのは、決してスポーツ、文化、芸術は不要ではありません」と考えを述べる。コロナが国内で流行するようになってから「不要不急でないものは中止する」という風潮に対する西川の思いなのだろう。

続けて、「国や県のガイドラインを遵守して、感染防止対策を徹底し行われる催しも多々あります」と実施された・実施されるイベントをフォローしつつ、「ご依頼を頂いた案件に関しては、出演の可否をギリギリまで精査して参ります。同時に自らで判断出来る催しは中止、及び延期と致します」と自身の方針をツイートした。


■反響相次ぐ

イナズマロックフェスとT..M.Rライブツアーの延期・中止を発表した西川に「なにが正解かは難しいところです。でも西川さんの決断を尊重と思ってます」「大変な決断だったと思います。寂しいですが、いつまでも待ってます」「つらい時期ですが、乗り越えて笑える日になるといいですね」とエールの声が続出。

現在、愛知の「NAMIMONOGATARI 2021」が炎上している。しかし、西川の言う通り多くのフェスやライブは感染症のガイドラインを遵守して実施されている。ライブの開催というだけで叩かれるべきではないだろう。

・合わせて読みたい→西川貴教、新たなプロフィール写真が絵画の域  ファンも驚き「これはやばい…」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

ツイッター西川貴教T.M.Revolutionライブツアーイナズマロックフェス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング