秋田の名物映画館主が車・バイクの盗難被害に 「思い入れが…」と情報提供求める

「100万キロ目指して大事に使っていたので、とても思い入れがある」と被害者は明かした。

2021/09/02 14:00

御成座

秋田県大館市の映画館「御成座」を復活させた切替(きりかえ)義典さん。もともとは千葉県市原市の建設会社社長だったため、現在も平日を中心に現場作業に携わっている。そんな中、同市の駐車場でワゴン車とバイクの盗難被害に遭った。


画像をもっと見る

 

■31日深夜の犯行か

現場は同市五井にあるタイムズのコインパーキング。先月31日の夜から1日の朝にかけて駐車していたという。「31日午後8時の時点では車両を確認できていたため、その時間以降に犯行が行われたのではないか」と話す。

被害に遭ったのは、日産キャラバンと競技用バイク。切替さんは競技歴18年で、以前はバイクスタントのプロだった。


関連記事:秋田の小さな映画館看板がジブリ展デビュー 喜びあふれる館長を直撃

 

■かなりの改造費も

映画館を復活するために、プロはやめたが秋田に移住してからも年に数回イベントに出演していたそうで、そのときに使用していたものが盗まれた。ナンバープレートはついておらず、現在の取引価格は約50万から80万円だという。

「改造費はそれ以上かかっている。バイク目当てでもっていかれたのではないか」と語る。また、ワゴン車は2003年製造のもので現在の走行距離は58万キロ。「100万キロ目指して大事に使っていたので、とても思い入れがある」と切替さん。

次ページ
■現場には複数の防犯カメラ
映画社長バイク盗難スタジオジブリ窃盗千葉県秋田県建設会社御成座キャラバン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング