子どもが飼育したカブトムシが天寿を全う その後の行動に感動の声が続出

ひと夏かけて育てたカブトムシが天寿を全う。それを受けためた6歳の少年は意外な行動に…。

2021/09/17 04:00

人は生きている中でさまざまな別れの場面に直面し、成長していく。今ツイッター上では、大切に飼育していたカブトムシが亡くなった際に取った少年の行動が話題になっている。



 

■声を出して泣きながらカブトムシの絵を…

「息子が初めてお世話したカブトムシが寿命を全うして死んでしまいました。息子は、カブトムシ君を忘れないように、声を上げて泣きながら必死で絵を書きました」とコメントを添えて、カブトムシが描かれた絵を投稿したのは、ツイッターユーザーのとおやまたかしさん(以下、とおやまさん)。

うまい下手ではなく、一生懸命描いたことがストレートに伝わる絵で心が揺さぶられる。たしかにこの絵は、作品として残したくなってしまうほど魅力的だ。


関連記事:東雲うみの夏休み工作動画に絶賛の声 「天才って最初から正解が見えるんだな」

 

■ネットでは絶賛の声が続出

そんな魂の込もった作品にネットでは、「一生懸命お世話して、一生懸命描いたんだね」「命を感じる絵だな」「かわいがっていたのも絵から伝わってくる」といった絶賛の声が続出。

他には、「このまま大きくなってほしいなぁ。優しすぎて泣きそうになる」「素敵な子ですね」「グッと来るものがある」と息子さんが取った行動に感動する人も多く見られた。

次ページ
■7月に譲り受けたカブトムシを飼育

じつは幼虫、通販で買える…!【Amazon】

子供少年カブトムシ寿命作品
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング