鈴木紗里奈、話題の”親ガチャ”に共感 テリー伊藤は「親を殺しに…」と悲観

ネットで話題の「親ガチャ」について、『サンデー・ジャポン』で鈴木紗理奈とテリー伊藤が異なる意見を述べた。

2021/09/19 12:15


 

■テリーは悪影響を懸念し…

「全然深刻に捉えてなくて…」と続けると、ここでテリーが「『上級国民』って言葉あったじゃない?」と割って入る。

「あんな言葉、本来ないですよ? 日本とか、憲法でみんな平等だから」と指摘すると、「でもあぁいう言葉が出てくると、『あっ、あるのか』っていうふうに、自分の中でどんどんどんどんなっちゃう」と危惧を口にした。

しかし、これに鈴木は「でも、『実際そうやから』っていうことですよね? 実際あったりするっていう、格差とか…」と反論。実態としては、家庭や立場での格差は存在していると訴えかける。


関連記事:加藤浩次、子供用ハーネスを理解しない人にひと言 「正論」と共感の声

 

■“親殺し”も危惧

これには他の出演者からも意見が出たが、テリーは「親ガチャで思い込みすぎて、(子供が)親を殺しに行く可能性だってあるからね」と、自身の境遇を呪った子が暴走する危険性も指摘。引き続き親ガチャという言葉に警鐘を鳴らしたのだった。

両者とも一理あるこの意見に、SNSには「ハズレを感じたら自分で何とかするしかない」「テリーさん、それは極端ですよ」「上級国民がどんなに恵まれてるか知ったらまじで愕然とするよ?」といった声が。どちらが正しいという問題ではないだけに、こちらも考えは割れたようだ。

・合わせて読みたい→スマホゲームのガチャ課金トラブル、どこまで返金対象になる? 弁護士に聞いてみた

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

無理ゲー社会(小学館新書)【Amazon】

テレビテリー伊藤サンデー・ジャポン鈴木紗理奈ネットスラングサンジャポ親ガチャ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング