杉村太蔵、“杉村説”から冬の第6波発生を懸念 飲食店の認証制にも疑問

コロナウイルスの感染拡大は「季節性」との仮説「杉村説」を唱えている杉村太蔵が、今冬の第6波到来と飲食店への影響を危惧する。

2021/10/03 11:50

杉村太蔵
(写真提供:JP News)

元衆議院議員で現在は薄口政治評論家の杉村太蔵が、3日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。以前から自説として唱えている「杉村説」から冬の感染第6波発生を指摘、飲食店への影響を懸念した。



 

■やっと緊急事態宣言が解除

全国に発令されていた緊急事態宣言は、感染者数の減少によりついに9月いっぱいで解除。東京都では、まん延防止等重点措置もない“平時”はじつに4月11日以来であり、飲食店での酒類提供も可能となった。

番組は飲食店に密着取材するなどしてこの話題を報じたほか、東京都が行っている「リバウンド防止措置」も紹介。感染防止徹底検査済証の交付を受けた店舗で、1グループ4人まで、酒提供はよる8時まで、営業時間はよる9時までという規制を敷いていることを解説する。


関連記事:小池都知事、ワクチン接種状況について語る 「他の国と肩を並べていくのでは…」

 

■「レインボーステッカー」に触れ…

さらに番組は、千葉県では県独自の基準を満たした店舗は24時間酒提供が可能なことも紹介。こうした対策について出演者が意見を交わしていると、杉村は「こういった認証って確かにいいんですけどね…」と疑問を述べ始めた。

続けて「じゃあ去年もね、東京ってレインボーのありましたよね、ステッカー」と、東京都が感染対策を満たした店舗に配布していたステッカーに言及する。

次ページ
■冬の拡大で再び営業自粛に?

専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話 【Amazonでチェック】

テレビ杉村太蔵サンデー・ジャポンサンジャポ新型コロナウイルス緊急事態宣言まん延防止等重点措置まん防
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング