高須院長、靴はかかとを切り落として履く その理由に「なんか新しい」と反響

高須院長が靴へのこだわりを明かした。投稿にはかかと部分を切り取られた靴が整列している写真が…。

2021/10/05 15:30

高須克弥

高須クリニックの高須克弥院長が5日、自身の公式ツイッターを更新。靴への一風変わったこだわりを明かし、その理由に反響が相次いでいる。



 

■長年スリッパスタイル

「お洒落は足元から」との言葉があるように、靴にこだわりを持つ人は少なくない。しかし、高須院長の場合、また違った意味での徹底した強いこだわりがあるようだ。

高須院長はツイッターで「わしの靴は昔から全部かかとが切り落としてある。全部がスリッパ」と長年スリッパスタイルを貫いていることを明かす。


関連記事:高須院長、治療で食欲減退も… 計画的な“蓄え”で「まだ余力があります」

 

■「靴べらを使ったことがない」

そのため、「わしは靴べらを使ったことがない」という高須院長。投稿にあげられた写真には、革靴やブーツ、スニーカーなどさまざまなタイプの靴が並べられているものの、そのすべてが綺麗にかかと部分のふちを切り取られている。

次ページ
■「寿命を伸ばすのが本当のケチ」

その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方 【Amazon】

ツイッタースリッパナイキ高須克弥寿命かかと靴べら
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング