元祖サラダバーの「フォルクス」 まずは“最安メニュー”で高コスパを実感すべし

元祖サラダバーの店「フォルクス」。コスパを重視しつつ野菜をたらふく食べられるメニューはコレだ。


 

■サイドメニューもしっかりある

フォルクス

チキンステーキが焼き上がるまでの間、サラダバーを物色する。レタス、トマト、コーン、オニオンなどスタンダードな食材を中心に、ポテサラやもやしの和え物、キャロットラペといったサイドメニューまである。

フォルクス

皿2つ分がっつり野菜や惣菜を盛り、同時にサラダバー内にあったゼリーとフルーツといったデザート類、そしてコーンスープ、クリームスープなど合計3種類あったスープもちゃっかりもらってきてテーブルに並べた。なんとも壮観だ。


関連記事:ハンバーガーセットのサイド 約2割がポテトより「こっち」を選んでいる…

 

■大満足のコスパ

フォルクス

そうこうしていると焼きたてのチキンステーキが登場。ポン酢系のさっぱり和風ソースを付けて食べるタイプで、鶏肉自体は外がカリッカリ、中はふっくらジューシーという最高の焼き上がりだ。ウマい…さすがステーキ専門店。

フォルクス

パリッ、ジュワ食感のチキンを味わいつつ、合間に野菜をがっつり摂取。

結局野菜類は4回おかわり、スープは2回、さらにライス・パンもおかわり自由なのでこれも1皿ずつ平らげた。

フォルクス

サラダバーに野菜以外の惣菜類がもっとあったらうれしいと思いつつも、サラダバー、スープバー、メインディッシュがついて1,000円ちょっとはだいぶコスパ的にも良い。

昼から美味しいビーフステーキもいいが、値段抑えたチキンステーキでも十二分にフォルクスの魅力を体験することができた。フォルクス初心者のみなさん、ぜひお試しあれ。

・合わせて読みたい→ナチュラルローソン、注目のMCTオイル入り商品が10品登場 これはスゴい…

(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤

家でステーキ食らうならやっぱコレ【amazon】

ランチチェーン店食べ放題ステーキフォルクス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング