玉城ティナ、テレ東新ドラマ『鉄オタ道子、2万キロ』主演決定 鉄道オタク役に

テレ東ドラマ初主演の玉城ティナ。生粋の鉄オタ主人公が、ローカル駅を目指し旅に出るオムニバス形式の旅情ドラマ。

玉城ティナ

2022年1月7日から放送される新ドラマ25『鉄オタ道子、2万キロ』(テレビ東京)の主演に、玉城ティナが決定した。



 

■オムニバス形式の旅情ドラマ

本番組は、都会から離れた日本全国に散在するポツンと佇むローカル駅を目指し旅に出るオムニバス形式の旅情ドラマだ。各地で出会うその場所で生きる人々、景色や絶品グルメを堪能しながら本当の自分を探す。

山奥、トンネルに挟まれた断崖絶壁、利用者がいるとは思えない場所になぜか存在する“ローカル駅”。そんな不思議な“ローカル駅”には、知られざるグルメや絶景…そして、そこに住み続ける人達の思いが詰まっている。

本編では、実在する駅やお店が続々登場。さらに、毎話登場するその駅ならではの“駅弁”にも注目だ。「行きたい場所へ行けない」「思うように行動ができない」そんなもどかしい思いを抱える方に代わり、主人公・道子が日本全国のローカル駅を巡る。


関連記事:桜井日奈子、『ごほうびごはん』主演決定 「ずっと憧れていたグルメドラマ」

 

■歴10年・生粋の鉄道オタクな主人公

有名家具メーカーの企画営業として働く主人公・大兼久道子。過去に起きた元カレとの出来事をトラウマとして抱える彼女には、周囲に打ち明ける事の出来ないもう1つの姿があった。それは、自分が歴10 年・生粋の鉄道オタクだということ。

生粋の鉄道オタク=“鉄オタ”であることを隠し生活する主人公・大兼久道子を演じるのは玉城ティナ。テレ東ドラマの主演は今回が初となる。玉城は14歳でモデルデビューをすると、2014年には女優デビューを果たす。

その後、映画『Diner ダイナー』『惡の華』(2019年)やドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS)など数多くの話題作に出演し、今年でデビュー10年を迎えるが、テレ東ドラマの主演は今回が初となる。

次ページ
■「移動するのが好き」

鉄道ファン 2022年 01月号【Amazonでチェック】

テレビ東京駅弁鉄道オタク玉城ティナ鉄オタ道子、2万キロオムニバス形式旅情ドラマローカル駅
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング