クリスマスの天気を気象予報士が解説 顕著な大雪で交通影響の恐れ

クリスマスは日本列島広範囲で大雪に警戒。突然のドカ雪に注意が必要。

2021/12/24 17:20

気象予報士・千種ゆり子

クリスマスは12月としては記録的に強い寒気が入り、豪雪地帯と呼ばれる地域以外でも大雪になりそうです。どこで大雪になるのか、気象予報士の千種ゆり子が細かく解説します。


画像をもっと見る

 

■中国地方から北海道の日本海側で広く大雪に

クリスマス天気予報

寒波で最も雪が降るのは北陸(特に新潟県)で、土日の降雪量が広範囲で100㎝を超える予想です。次いで量が多いのが近畿北部から山陰地方で、土日だけで60~80㎝程度の降雪が予想されています。


関連記事:台風8号、東北では7月1ヶ月分の雨に警戒 気象予報士・千種ゆり子が解説

 

■警戒すべき「JPCZ」

大雪の原因は①12月として記録的に強い寒気です。上空の寒気が強いために雪雲がより発達しやすくなります。

そして②「JPCZ」。JPCZは「日本海寒帯気団収束帯」といって、大陸地形の影響を受けて風と風がぶつかり合うエリアのことです。これは、冬場にはよく発生しているのですが、今回は気圧配置の影響で山陰から近畿北部にかかり続けることで、大雪をもたらします。

線状降水帯の雪版を思ってもらうと良いかもしれません。

クリスマス天気予報

年末ということで慣れない道を走る方もいるかと思いますが、運転中に予想外のドカ雪に突然出会うことも予想されます。ノーマルタイヤでの雪道運転はもちろん厳禁ですが、車内で暖を取れる装備や防災用品なども揃えておいてください。

次ページ
■発達した雪雲は太平洋側まで

図解・天気予報入門 ゲリラ豪雨や巨大台風をどう予測するのか 【Amazonでチェック】

クリスマス天気予報寒波話題気象予報士大雪線状降水帯千種ゆり子JPCZ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング