『破壊神マグちゃん』最終回 日常系漫画が『少年ジャンプ』で連載維持できた理由

映画『クレヨンしんちゃん』級のポテンシャルも見られた『破壊神マグちゃん』を振り返る。

2022/02/06 08:30


 

■久々の王道キャラバトル

破壊神マグちゃん

マグちゃんは、「破滅」の権能を持つ第一柱の邪神であり、バトル要素がないわけでもない。近年なかなか見ることのできない、キャラを生かした王道中の王道展開が見られたときは、大変な盛り上がりを見せた。

第51話、最大の敵となった第三柱「運命」のミュスカーとのバトル時である。ここで最大の活躍を見せたのが、第六柱で序盤から登場している「狂乱」のナプタークという邪神であった。


関連記事:向かいのマンションの一室に異変が… 飛び込んできた光景に「本当にすごい」

 

■意外性のヒーロー・ナプターク

柱の中では最下位ながらも、マグちゃんに「我は貴様を侮った事は無い」といわせ、ナプタークに最大の活躍の場を与える。なお、この回とちょうど人気投票の時期が重なったこともあり、ナプタークは人気投票で19,362票を獲得し、1位となる。

毎日Web投票ができたとはいえ、人気投票自体の票数も読者を驚かせ、『マグちゃん』読者の熱量の高さを示した。

破壊神マグちゃん (全8巻)【Amazonでチェック】

次ページ
■受験に対するマグちゃんの答
アニメクレヨンしんちゃん週刊少年ジャンプこち亀こちら葛飾区亀有公園前派出所最終回破壊神マグちゃんマグちゃん上木敬宮薙流々ミュスカーナプターク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング