鈴木誠也のメジャー初補殺があわや「乱闘」に 刺されたランナーに注目集まる

カブス・鈴木誠也が守備で魅せてくれた。メジャー初補殺を記録するも、ネットで話題になったのは…。

鈴木誠也

シカゴ・カブスに所属する鈴木誠也は18日(現地時間17日)、本拠地で行われたピッツバーグ・パイレーツ戦に出場。メジャー初補殺を記録するも…。

【今回の動画】バックホーム直後、乱闘寸前の小競り合いに発展するランナー



 

■ライトフライで魅せる

4番・ライトで先発出場した鈴木は、1点リードの4回1死3塁のピンチで魅せてくれた。筒香嘉智がライトに放った飛球をキャッチすると、すかさずバックホーム。巨体を揺らしながら突入する3塁走者のダニエル・ボーゲルバックを間一髪で差して、メジャー初補殺を記録する。

しかし、クロスプレーで交錯したボーゲルバックと捕手のウィルソン・コントレラスは一触即発ムードとなり、球場全体に嫌な雰囲気が漂う。


関連記事:上原氏、松坂氏が鈴木誠也選手のメジャー初本塁打に反応 「完璧な当たり」

 

■普段は社交的なボーゲルバック

あわや乱闘という事態を起こしたボーゲルバックだが、普段は社交的で明るい性格。シアトル・マリナーズ時代には、菊池雄星(現トロント・ブルージェイズ)と仲が良いことでも有名であった。菊池は、19年に誕生した長男のミドルネームを「ダニエル」と命名するほど…。

ネットでは鈴木の補殺とともに、「このランナーかわいい」「体がデカすぎる…」「走り方がたまらない」など、ボーゲルバックに注目が集まっていた。

次ページ
■チームは7対0で勝利

メジャーリーグの選手名鑑【Amazon】

MLBシカゴ・カブス筒香嘉智鈴木誠也ピッツバーグ・パイレーツダニエル・ボーゲルバック
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング