到着時に機内から見えたのは別の空港名? ユーチューバーが動画撮影で壮大ないたずら

羽田空港に到着するはずなのに、「ようこそ成田へ」の文字が飛び込んできたら…動画撮影用のプランクが話題に。

2022/05/24 10:00

飛行機・座席

着陸態勢に入った機内から「ようこそ」というサインが見えると、無事到着した安堵に包まれる人は多いだろう。このたび、目的地とは違う都市名が描かれた写真がSNSに投稿されたことで話題を集めた。『Mirror』『Dailymail UK』など海外メディアが報じている。

【画像】ガトウィック空港間近に現れた「ようこそルートンへ」



 

■到着地が違っていた?

イギリス・ガトウィック空港はロンドン中心部から南に30マイル(約48キロ)にあり、ヒースロー空港についで2番目に大きな空港だ。しかし、その空港に到着したはずの機内から見えてきたのは「ようこそルートンへ」の文字だった。

この文字を目にした人はパニックに陥ったという。それもそのはずで、ルートン空港はロンドン中心部から北に35マイル(約56キロ)にあり、ガトウィック空港からは100キロ以上もある空港だったからだ。


関連記事:離陸後に副操縦士が衝撃告白「最終試験がまだ…」 飛行機が引き返す事態に

 

■YouTubeの動画撮影用に作成

この文字が騒ぎになると、チャンネル登録者数が90万人を超えるイギリスの人気ユーチューバーであるマックス・フォッシュさん(27)が、自身の動画撮影のために作成したプランク(いたずら)であると公表。

そして「もし動揺させてしまった方がいらっしゃったら謝罪したい」と語ったそうだ。マックスさんは、ヒースロー空港とガトウィック空港付近の土地を所持する人を一軒ずつ尋ね、使用許可を得てこの文字を作成したのだという。

マックスさんは1つの大きさが8メートル×3メートルの文字14個を作成し、6週間という契約期間中壊れないものにするため、約4,000ポンド(約64万円)を費やしたそうだ。

次ページ
■人々を笑顔にするプランク

YouTube完全マニュアル[第2版]【Amazonでチェック】

ツイッターYouTube話題フランクロンドン翻訳記事ヒースロー空港ルートン空港ガトウィック空港
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング