堀江貴文氏、日本と海外におけるコロナ意識の違い明言 「やっぱ差が出てくる」

乙武洋匡氏の応援演説を行ったホリエモン。話題は新型コロナ対策の問題点にまで及び…。

2022/07/06 06:00

堀江貴文

「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が5日、今回の参院選(7月10日投開票)に無所属で出馬した作家・乙武洋匡氏の街頭演説に登場。強風が吹き荒れる厳しい天候の東京・赤坂で、盟友にエールを送った。


画像をもっと見る

 

■「僕は落ちたので(笑)」

堀江貴文

「なぜ(応援演説に)来てくれたんですか?」という乙武氏の問いかけに「呼ばれたから(笑)」ととぼけつつも「一応ほら、むかーし選挙出たから。10何年前に。教えられることは何もないですけど…僕は落ちたので(笑)」と2005年衆院選を回顧した堀江氏。

政治家に対してロビー活動を続けている近況を明かし、「いま予防医療普及協会というのをやっている。助かる命を助けたいという思いで、例えば胃がんの原因になるピロリ菌、子宮頸がんの原因となるHPVウイルスだったり、そういうことを(世間に)わかってもらい、政府に積極的な予防対策をしてもらうという活動」と説明した。


関連記事:乙武洋匡氏、渋滞時の街頭演説の交通手段に悩み 「まったく知見がなく…」

 

■政治家になりたいだけの人

堀江貴文

そんな活動を続ける中で、とある疑問が浮かんだという。

「乙武さんはやりたいことがいっぱいあるでしょ? でも、(ロビー活動をしていると)わりと『政治家になりたいだけの人』というか、政策を持っていない人が多いと感じた。『堀江くん、(政策の)ネタちょうだい!』と言われたことも…。どういうこと!?って思いましたね」(堀江氏)。

ネットを駆使しフットワーク軽く選挙を戦い続ける乙武氏に感心しているようで、「乙武さんみたいな人が議員になったら、ネットとかでダイレクトに皆さんの言っていることを聞いて、引き上げてくれるはず」と評価した。

『堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン』【Amazon】

次ページ
■「なんでそんな厳しいことやってんの?」
選挙堀江貴文インフレ乙武洋匡ホリエモン参院選演説新型コロナウイルス円安
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング