純烈の酒井、後上、小田井がコロナから復帰 白川は「まだせき込んでいるよう」

純烈の酒井、後上、小田井がコロナ感染後、初仕事に復帰。それぞれの思いを明かした。

2022/07/28 16:45

純烈

4人組ムード歌謡グループ・純烈酒井一圭後上(ごがみ)翔太小田井涼平が28日、都内で開催された「肺NTM症イベント」に出席。先日、メンバー全員が新型コロナに感染したことから、当時の様子や症状について明かした。


画像をもっと見る

 

■謳歌世代に注意喚起

肺NTM症とは、非結核性抗酸菌(NTM)という細菌が肺に感染することにより発症する感染症であり、日本では2007年から14年の7年間で感染者が急増。人口10万あたりの罹患率は2.6倍に増加し、現在では肺結核をしのぐ罹患者数となっている。

純烈のファン層に多いのが60代から70代で、肺NTM症に感染することが多い世代と一致。イベントでは60代以上を“謳歌世代”と呼び、「肺NTM症を初めて知った。認知度は低いですが、ファンの謳歌世代に思いっ切り潜んでいることを、僕たちを通して知ってほしいです」(酒井)と呼びかけた。


関連記事:純烈・酒井一圭、ダチョウ倶楽部に合体オファーした理由 「泣ける」の声も

 

■白川の容態は…

酒井一圭

また、純烈は18日に全員が新型コロナウイルスに感染したことを発表しており、今日が回復後、初の仕事であった。

復帰できたことについて「10日間と72時間経ってから、初仕事となりましたが、隔離の期間が終了しても体力の回復には時間がかかりますし、咳がでないようにアメを舐めるなど対策しています」と酒井。

さらに「電話で(まだ療養中の)白川と話しましたが、まだせき込んでいるようなので、100%の純烈になるにはあと1週間ほどいただきたいです」と、同イベントを欠席した白川裕二郎について報告した。

『純烈コンサート2021~純烈独演会2021後上、切腹⁉~』【Amazon】

次ページ
■後上は体重増加
酒井一圭小田井涼平白川裕二郎後上翔太新型コロナウイルスソロアルバム肺NTM症
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング