なにもする気にならない… 約半数の人が経験しているつらいときに取った行動

つらいことがあったときには、どのように過ごす人が多いのだろうか?

2022/08/21 04:00


ふて寝

つらいことがあったときは、なにもする気にもならない場合も多いだろう。中にはつらすぎて、寝込んでしまった経験がある人もいるようだ。


画像をもっと見る

 


 

■約半数、つらいことがあり寝込む

Sirabee編集部が全国の10代~60代の男女1,140名を対象に「つらいときの行動」に関する意識調査を実施したところ、全体で49.8%の人が「つらいことがあったせいで寝込んだ経験がある」と回答した。

つらいことがあったせいで寝込んだ経験があるグラフ

男女別では、男性が42.0%、女性が56.2%となっていた。


関連記事:人のあるギャップに約半数の人がドン引き… 「きちんと中身を見て」の声も

 

 

■寝込んだ経験は女性に多く

性年代別では、すべての年代で女性の割合が高くなっているのが印象的だ。

つらいことがあったせいで寝込んだ経験がある性年代別グラフ

とくに60代は、男女間で33ポイントもの差があり、他の世代に比べてめっぽう低いのが特徴的だ。

つらいときに読む本【Amazon】

次ページ
■付き合っていた人と別れて
仕事失恋話題寝逃げツライ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ