カンニング竹山、国葬終了後にも残る“あの問題” 「やるべきとこはやるべき」

きょう27日に行われる安倍晋三元首相の国葬について、カンニング竹山が国葬終了後のメディアや世間の動向を推察した。

2022/09/27 10:30

カンニング竹山

お笑いタレント・カンニング竹山が26日放送の『ABEMA Prime』(ABEMA)に出演。安倍晋三元首相の国葬にまつわる懸念を示した。



 

■きょう27日に国葬

安倍元首相の功績を称え、きょう27日14時から日本武道館(東京都千代田区)で国葬が行われる。

アメリカのカマラ・ハリス副大統領など、国内外の要人を含む4,300人が参列する見通しで、会場近くの公園には一般向けの献花台も設けられるとのこと。


関連記事:たかまつなな、イギリス取材での感想を告白 「同じ国葬でもここまで違うか」

 

■安倍元首相の事件に注目

安倍元首相の国葬がきょう行われるのにあたり、番組ではある映画が議論を呼んでいると紹介。

安倍元首相を銃撃した山上徹也容疑者をモデルとした映画『REVOLUTION+1』が公開されることを取り上げる。国葬のタイミングにあわせて制作されたとあり、スタジオでは同作品の是非について交わされた。

自民党の統一教会汚染 追跡3000日【Amazonでチェック】

次ページ
■竹山の懸念は…
メディア安倍晋三日本武道館カンニング竹山AbemaPrimeAbema旧統一教会国葬カマラ・ハリス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング