『天気の子』、”聖地”取り壊しから3年 「跡地にできたもの」のスケールに愕然…

『天気の子』聖地の一つ、代々木会館。取り壊し工事をされた跡地に行ってみると…。

2022/10/04 04:15

天気の子

「扉の向こうには、すべての時間があった」──。11月11日、新海誠監督の映画『すずめの戸締まり』が公開される。

最新作への期待が高まる裏で、かつての新海作品『天気の子』聖地では「変化」が起きていて…。

【写真】代々木会館の「跡地」に行くと…


画像をもっと見る

 

■東京の様々な場所が登場

天気の子

『天気の子』は2019年7月に公開。離島から東京に家出してきた少年と「祈るだけで晴れにできる」力を持つ少女が出会い、運命に翻弄されながらそれぞれの生き方を選択していく物語だ。

作中では、渋谷スクランブル交差点や東京都庁、新宿大ガード西など、東京都心の様々な場所が映し出されており、ファンの間で「聖地」として親しまれているスポットも多い。

その一つ、「代々木会館」は物語の重要シーンの舞台とあって特に人気が高かった。


関連記事:ヒカキン、出演イベントの警備体制を説明 「本当に特殊な侵入方法で…」

 

■1964年にできた歴史ある建物

天気の子

代々木会館は1964年の竣工。中国書の専門書店やパチンコ店、ビリヤード店などが入っていた。ちなみにファンならご存知かと思うが、作中ではこの屋上に神社があることになっているが、舞台となった神社は別の場所にある。

2019年6月にテナントは全て退去し解体することになっていたが、『天気の子』が公開されたことで聖地として改めて注目。同年8月に取り壊し工事が行われると、ニュースでも取り上げられた。

あれから3年、記者は知人から件の「聖地」に新しい建物ができたという話を聞いた。旧代々木会館を訪れると、「驚きの光景」を目の当たりにしたのだ。

「ねえ、今から晴れるよ」【Amazonでチェック】

次ページ
■スタイリッシュな外観
アニメ聖地新海誠天気の子代々木会館すずめの戸締まり
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング