舛添前知事、Jアラート発令で北朝鮮の狙いを推察 さらなる核実験も危惧

3日早朝に発令されたJアラートに対し、舛添要一前都知事が、北朝鮮のさらなる核実験の可能性を危惧。

2022/11/03 08:45

舛添要一

3日朝、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたとして、Jアラート(全国瞬時警報システム)が発令された。この直後、舛添要一前東京都知事が、自身の公式ツイッターを更新。北朝鮮のさらなる核実験の可能性を危惧した。

【ツイート】さらなる発射や核実験を危惧



 

■早朝の発射

北朝鮮は午前7時半すぎ、弾道ミサイルの可能性があるものを日本海へ向けて発射。これに伴いJアラートが発令され、対象地域には避難や警戒が呼びかけられた。

同様の情報は首相官邸はじめ各公的機関のツイッターでも発信され、午前8時には「先程のミサイルは、7時48分頃、太平洋へ通過したものとみられます」との続報も伝えられている。


関連記事:武井壮、政府の情報発信に持論を展開 「分析や今後の対応も大切だけど…」

 

■さらなる発射や核実験を危惧

舛添前知事は発射直後にツイッターを更新し、「北朝鮮がまたミサイル発射。Jアラートを宮城、山形、新潟が対象」と投稿。

同時点での事実関係を整理すると、続けて「北朝鮮は、引き続き自らの攻撃能力を誇示するために、ミサイル発射や核実験を繰り返すだろう」と、今後さらなる発射や核実験が行われることを危惧した。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■突然のことに驚くSNS
ツイッター北朝鮮舛添要一弾道ミサイル金正恩Jアラート核実験朝鮮民主主義人民共和国全国瞬時警報システム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング