しかない料理のイガゴー氏の「トマトのナムル」は旨み凝縮 あれを加えるだけで激ウマに

しかない料理のイガゴー氏の「トマトのナムル」は、簡単なのに美味しくてびっくり。旨みの相乗効果がヤバい。

2024/04/18 09:00


サラダには欠かせないトマト。生で食べる場合、冷やしトマトのようなシンプルなレシピが多いが、料理家・しかない料理のイガゴー氏が紹介する「トマトのナムル」は、さっと和えるだけなのに激ウマらしい。早速、編集部でも作ってみた。


画像をもっと見る

 


 

■トマトがあれば作れる

トマトのナムル

材料はトマトだけ。調味料はこちら。

ごま油:大さじ1
しょうゆ:小さじ1
鶏ガラスープの素:小さじ1/2
すりおろしにんにく:小さじ1/2
塩:適量
こしょう:適量

ナムルというとごま油と塩のシンプルな味付けをイメージするが、こちらはどんな味になるのだろう…。


関連記事:酸味と辛味が食欲をそそる「酸辣湯風そうめん」 お手軽そうめんアレンジが最高だった

 

 

■めちゃ簡単にできる

トマトのナムル
作り方と言えないほど簡単だ。トマトは角切りにする。いろいろな切り方があるが、調味料をしっかりトマトに馴染ませたいため、小さめのサイコロ状にカットするのがおすすめだ。皮はむかなくてOKだが、包丁を研いでいないと切りづらいので、よく切れるものを使ってほしい。

鶏がらスープの素、ごま油、しょうゆ、すりおろしにんにくを加えて全体を混ぜる。馴染んだら軽く塩こしょうを振って、お皿に盛り付けたら完成だ。おつまみにする場合は、こしょう多めがおすすめ。


関連記事:味の素公式の「瞬間ガスパチョ風」が激ウマ あれを使えばトマトジュースがごちそうスープに変身

 

 

■なんでこんなに美味しいの…?

トマトのナムル

食べる直前にも少しかき混ぜて、味を馴染ませよう。にんにくのパンチの効いた香りとごま油のコク、程よい塩味がトマトの酸味をマイルドにして、甘さを引き立ててくれている。どうも鶏がらスープの素のイノシン酸とトマトのグルタミン酸が組み合わさって、めちゃくちゃ美味しくなっているらしい。

切って和えるだけだが、最高のおつまみだ。冷やしトマトもいいが、しっかり旨みが詰まったこのトマトのナムルは美味しすぎる。鶏がらスープの素がトマトとこんなに相性がいいなんて驚きだった。


関連記事:トマト缶のごちそうレシピ「豚バラトマチーズ」 簡単にレストランの味わい

 

 

■トマトのナムル

View this post on Instagram

A post shared by しかない料理のイガゴー@しかないレシピ販売 (@gogoigarashi)


関連記事:鶏肉で作る旨みたっぷりの「極上わかめスープ」が最高 ポイントはわかめの一工夫

■執筆者プロフィール

池田かおるこ:グルメ、レビュー記事をメインに執筆しているライター。

日々の晩酌をいかに美味しく楽しむかは、もはやライフワークに。簡単でコスパ良し、激ウマなお酒に合うレシピを探して実践中。「特別な材料や凝った調理法はなし。でも美味しい」と思えるレシピを中心に紹介します。

・合わせて読みたい→トマト缶のごちそうレシピ「豚バラトマチーズ」 簡単にレストランの味わい

(取材・文/Sirabee 編集部・池田かおるこ

しかないレシピ【Amazon】

レシピYouTubeトマトごま油ナムルおつまみレシピ鶏がらスープの素
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ