しらべぇ

新『ルパン三世』のコレジャナイ感がスゴイ 「アレのシーン」でお茶の間が凍りつく

エンタメ

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

モンキー・パンチ原作のマンガ『ルパン三世』といえば、怪盗ルパンの孫という設定のルパン三世とその仲間たちが織りなすハードボイルドやギャグが人気を博している。

これまで、何度もアニメ化されてきた大ヒットシリーズだが、31日に『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で放送されたルパンへの違和感が「スゴすぎる」と話題に。

 

■新ルパンに「コレジャナイ」

ルパン生誕50週年を記念して、数ある名作の中からも評判が高いという2013年テレビスペシャルの『ルパン三世~隠された空中都市~』を放送。神秘の国・シャハルタ共和国に隠された秘宝を巡ってルパン一味が奮闘する内容だ。

ただ、それまでのルパン三世とはキャラクターデザインが大きく異なる。角刈り風の髪型にまるで少女漫画ようにキラキラとした目が乗っているルパンには「コレジャナイ」という声が。

また、原作を含めた過去のテレビシリーズからのファンからは、ルパンの性格に対する批判も。アニメの初期の『ルパン三世』といえば、ハードボイルドが全面に押し出されていた。

物語でも結果的に人助けをすることはあっても、その芯となる理念は「自らの得」。今作では、そういったルパンの業が描かれておらず、ただただ正義の味方という印象が強い。

そして、「イイ女」として描かれている峰不二子に騙される展開も不満の声をあげるものは多い。かつてのシリーズでは「あえて騙されている」という面が描かれていたが、昨今ではただの「女好きのおっちょこちょい」という性格になっており、今作でもその影響は強い。

以下、ネット民の反応は…

・ルパン見たら、「コレジャナイ感」がはんぱじゃなくて観るのがつらくなった

 

・このルパンはコレジャナイ。アクが抜けたというか、ただのいい人だし絵はなんかキラキラしてるし

 

・ヒロインがかわいい。不二子もかわいい。それだけ

 

■赤ちゃんの大便シーンでネット民から悲鳴が

また、作品中には下半身を露出した赤ちゃんが大便をするシーンがあり、丸々とした塊が画面いっぱいに広がる画面も。そして、その中に水晶を見つけたルパンは「あった、コレコレ」と楽しそうに便の中の水晶を取り出した。

その様子を見たネット民からは悲痛な叫びが。

・テレビで完全に流れちゃいけない音が流れた。音といい赤ちゃんの顔といいリアルすぎるんだよ…

 

・俺が知ってるルパンはこんなイクメンじゃない

 

・不二子のお色気シーンより先にリビングが凍った

 

これら新ルパンについて「新鮮で楽しめた」「時代とともに変わっていくからしかたない」といった声も。

テレビシリーズだけでなく、大人向けとして劇場版で『血煙の石川五ェ門』が放映されるなど、さまざまな方向性で発展しているため、自分なりの『ルパン三世』を見つけるのが良いだろう。

・合わせて読みたい→大人向けルパン! 映画『血煙の石川五ェ門』は男の美学詰め合わせ

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集