『本当に住みやすい街大賞』が発表 ダイアン・ユースケ「参考にしたい」

『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020』が実施され、ダイアンらがイベントに登場した。

エンタメ

2019/12/11 18:00

11日、東京・KITTE MARUNOUCHIにて、住宅ローン専門金融機関「アルヒ株式会社」主催の『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2020』が行われた。

イベントには、若槻千夏レイザーラモンRGダイアンのユースケと津田篤宏が登場。元テレビ朝日の宇賀なつみアナウンサーがMCを務めた。


画像をもっと見る

 

■5つの基準によって審査

『本当に住みやすい街大賞』は住環境、交通利便、教育環境、発展性、コストパフォーマンスの5つの基準によって審査。ゲストを壇上に迎え、第10位から、選定理由と合わせて発表していく。

レイザーラモンRGは「自分が住んでる町が入ると嬉しい」と、ランキングが順に発表されるたびに、「練馬春日町!」と住んでいるエリアを連呼。津田は「すごい言う」とお馴染みの言い回しでツッコミを入れていた。


関連記事:アインシュタイン稲田が語った「いじめとイジりの境界線」に称賛の声

 

■第3位は「たまプラーザ」

第3位は神奈川県の「たまプラーザ」。たまプラーザ駅前通り商店街会長、小松礼次郎氏がたまプラーザを代表して、ダイアンのふたりから楯を受け取った。

たまプラーザ駅前通り商店街では、「『私たちはたまプラーザを愛しています』」と大きい声で言っても恥ずかしくない街づくり」をテーマにした活動を10年間実施。そのかいあって、第3位という成果が出たと喜んだ。

次ページ
■第2位に輝いたのは…

この記事の画像(12枚)