クリントン姿見せず…東大卒の「日本のヒラリー」がNYで敗北宣言?

エンタメ

2016/11/09 18:30

(画像はTwitterのスクリーンショット)
(画像はTwitterのスクリーンショット)

日本時間9日夕方、次期米大統領にドナルド・トランプ氏が当選確実となった。

事前のメディアや世論と異なる結果に世界中が驚く中、現地のニューヨークで選挙戦の行方を見守ったひとりの日本人がいた。

https://twitter.com/naomidarom/status/796076034177331200

ヒラリー・クリントンのモノマネでTBSにて放送中のバラエティ番組「有田ジェネレーション」に出演しているピン芸人・石井てる美(33)だ。

大統領選挙の結果次第で仕事の量が激増すること必至の彼女は、ヒラリー・クリントンの勝利を信じ、全額自腹で米国へ向かっていた。

現大統領のオバマ氏(デンジャラス・ノッチ)に「Stronger together!」とエールを送ってもらうヒラリー・クリントン。

開票前日、ニューヨークのタイムズスクエアに到着。

日本のヒラリーもニューヨークに到着。

現地で当日の開票速報を支持者たちと見守ることに。

しかし、ヒラリーの敗北が濃厚になると人が続々と帰りはじめてしまう。

トランプ候補の当選がほぼ固まる中で写真を撮るヒラリー・クリントン。

敗北が決定し、最後になるかもしれないモノマネを行うヒラリー・クリントン。

支持者の集まる集会所には本物のヒラリー・クリントンが現れなかったため、代わりに敗北宣言(?)を行う日本のヒラリー・クリントン。


 

■東大出身芸人の今後は?

東京大学大学院からマッキンゼーに就職し、お笑い芸人になった異色の経歴を持つ石井。AbemaTVのNEWSチャンネル内「AbemaPrime」にもレギュラー出演しており、多岐に活躍の場を広げている。

今回、大きくブレイクするチャンスは逃してしまったが、年末年始のテレビ番組や『R-1ぐらんぷり』などで注目されるだろう。帰国後の活動も楽しみにしたい。

・合わせて読みたい→白熱の米大統領選 密かに競われる両候補者「長女の美しさ対決」

(取材・文/しらべぇ編集部・京岡栄作


あなたにオススメ