日韓問題のデマで注目「けーぽぺん」って何?『PPAP』の一種?

エンタメ

2017/01/08 18:00

アッポーペン
(Gaby Kooijman/Hemera/Thinkstock)

韓国・釜山にある日本総領事館前に「慰安婦」を象徴する少女像が建てられた問題で、日本政府は6日、長嶺安政・駐韓大使を一時帰国させるなど4項目の対抗措置をとることを韓国政府に通告した。

2015年12月に、慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決させるとし、日本が10億円を拠出することなどを定めた「日韓合意」に反するとしたためだ。



 

■ネットでは「日韓断交」デマも

今回の「大使召喚」は1週間ほどと報じられており、決定的に深刻な事態ではない。ところが、ネットの一部では、

「日本国内では、韓国に関連するものがすべて禁止になる」


「K-POPの国内コンサートも禁止」


「日本人の韓国旅行も自己責任になる」


といった情報が拡散されている。先に述べたように、これはまったくのデマと言っていい。このデマと関連して見受けられるのが「けーぽぺん」というキーワードだ。


関連記事:「ゴリ押し批判」も納得? K−POPが嫌いな日本人は衝撃の割合

 

■「けーぽぺん」って何?

アカウント名やツイートの中に「けーぽぺん」と入ったユーザーが、こうしたデマに関わっているケースが少なくない。

見慣れない言葉に対して、ツイッターでの反応は…


ピコ太郎や『PPAP』、おでんの具になる「はんぺん」とも関係なく、「K-POPファン」のことらしい。

韓国語では「Fan→ペン」と発音することから、おもにファン同士がこう呼び合っているようだ。

K-POPを愛する熱い思いがデマと結びついたと思われるが、こういう時期こそ冷静な行動を望みたい。

・合わせて読みたい→日本人の5割は嫌韓派? 嫌いなのは若年層より…

(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫