萌え・かわいいは序の口「尊い」レベルの愛らしいオッサンたち

(画像提供:テレビ東京『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

深夜枠にも関わらず豪華な出演者で話題を集め、コアなファンを獲得したテレビ東京系『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(以下、『バイプレイヤーズ』)は、すでに最終回後の「ロス」を懸念するファンを多く持つドラマのひとつだ。

主演は6人のバイプレイヤーたち――遠藤憲一・大杉漣・田口トモロヲ・寺島進・松重豊・光石研。このドラマでのオッサンたちの愛らしさは、「萌え」や「かわいい」は序の口で、「尊い」とまで評される。

しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,381名を対象に「『バイプレイヤーズ』主演6人の中で、最もかわいいと思う人は誰ですか?」という調査を実施。

かわいすぎて「尊い」オッサンたちの仲良くする姿を楽しみにしている記者としては、順位をつけるのがしのびないのだが、投票結果をもとにランキングを作成した。


 

■光石研(29票)

(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

惚れっぽいキャラがかわいい光石研が第6位。

第7話「袋とじ」を開けるシーンに加え、第6話で見せたダッフルコート姿や、松重との地元同士の方言会話に萌える人多数。また「バイプレトーク」で、みんなの会話を聞きながらモグモグしている姿も人気だ。


 

■田口トモロヲ(35票)

(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

マイペースな宇宙人タイプが愛される田口トモロヲが第5位。

ラジオ劇の練習なのに全裸になったり、悪の総統ドクターゲルゲ役を極めるためにゲルゲエキスを飲み続けたり、トイレに砂をまき散らしたり…不思議キャラにだんだんハマってきた人もいるようだ。


■大杉漣(57票)

(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

みんなのリーダーでありながら、一番引っ掻き回している存在の大杉漣が第4位。

首でフラフープ回したり、夜の下北沢を全力疾走したりするなど、最年長とは思えない体張ってる姿も人気。第7話の「悩み大杉漣」が、かなりツボっている人も多いもよう。


■松重豊(58票)

(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

エプロン姿が完全に板についている、みんなのお母さん役・松重豊が第3位。

朝ごはん作ったり、ケーキ焼いたり、餃子焼いたりしている姿に萌える人が続出だが、神回・第5話「フケメンパラダイス」のMVほか、あちこちの回でかわいさが炸裂している。


■寺島進(62票)

(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

一番年下でやんちゃな様子から、“末っ子”として愛でられる寺島進が第2位。

第7話の悪役引退に悩む姿と子供との絡みに悶絶するファンが多数。しかし、これまでで一番かわいいと評判なのは、やはり「松重ぇ〜またパン〜?」だろう。


■遠藤憲一(102票)

(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式Twitterのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

かなり大差をつけての第1位となったのが、遠藤憲一。

第3話では自分がナレーションをしているウミガメを観ながら泣き、「フケパラ」のダンスでは満面の笑顔でノリノリのダンスを披露するなど、随所でかわいさを爆発させている。


『バイプレイヤーズ』を観ていない人にとっては、「このオッサンたちがかわいいとか、何言ってるの?」と思うかもしれない。また、「『尊い』がかわいいの上位ポジションって、どういうことだよ?」と思うだろう。

しかし、今からでも遅くないから一度観てみてもらいたい。50オーバーのオッサンたちが、本当に全力でかわいいということをこのドラマは教えてくれるのだ。

・合わせて読みたい→バイプレLINEスタンプも!寺島進の悪役引退宣言に椎名桔平が…

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

あなたにオススメ