しらべぇ

スシローのホタテが「小さすぎてヤバい」と話題 本当か確かめた結果

スシローのホタテが超小さいと話題。本当か確かめてみたら…

グルメ

リーズナブルで美味しい寿司やフライドポテトを提供する100円寿司チェーン『スシロー』。

安くても寿司の味は良いと評判だが、そんなスシローに「よろしくないウワサ」が広がっているようだ。

 

■スシローのホタテはミニマムサイズ?

それは、スシローで提供されている『ほたて貝柱』の寿司種が、あまりにミニマムすぎてヤバいと話題になっていること。

 

■実際にスシローへ行き確かめることに

Twitterで投稿された寿司の画像を見ると、確かにスシローのサイトに掲載しているものよりもやや小さめに感じられる。

これほどミニマムなホタテが出てきたらガッカリしてしまいそうだが…本当に小さいのか、実際にスシローへ行って確かめることにした。

■タッチパネルのホタテは普通サイズだが…

近くのスシローへ行き、さっそくウワサのほたて貝柱を注文。タッチパネルの写真にあるホタテは普通の大きさだが…。

いったいどんなホタテが出てくるのか、待つこと数分。出てきたホタテの大きさは…!!!

 

■本当に小さかった

ち、小さい…。メニューのホタテはシャリが全体的に隠れているのに、出てきたホタテは半分以上シャリが見えてしまっている。

サイズとしては、横幅は100円玉と同じぐらい。かなりのミニマムサイズである。

■念のためあと2皿注文するも…

いや、たまたま出てきたホタテが小さかっただけだよな…さすがにこりゃねーわ! と思ったので、あと2皿ほたて貝柱を頼んでみるも…。

2皿目。やっぱり1皿めとおなじサイズである。

3皿めも同じ。どうやらスシローのほたて貝柱は、このサイズが基本のようだ。

 

■厚みはあるので食感は良い

ひとつだけフォローをしておくと、厚みは一般的なホタテと同じぐらいだった。そのため、食感は良い。

どうやらホタテを1皿100円で提供するのは、スシローでも厳しいようだ。原価も高そうだし、コレが限界なのだろうか。

 

■180円のホタテはお勧め

しかし、最後に頼んだ180円の『ほたて貝柱のてんこ盛り』は、100円ホタテの小ささを忘れさせるぐらいコスパ最強のものであった。

シャリは1貫ぶんだが、100円ホタテの2倍以上の量のホタテがのっており、さらにいくらまでトッピングされている。

こちらはTwitterでの評判もいいようで、もしスシローでホタテを食べたいなら、180円のほうを注文することを強くお勧めしたい。

・合わせて読みたい→第1回『くら寿司』vs『スシロー』どちらの料理が美味しいのか対決

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集