しらべぇ

NHK『あけましてねほりんぱほりん』にパパ活女子が再び その後の生活を赤裸々告白

『ねほりんぱほりん』(NHK)で元パパ活女子が現在の状況を明かした。

エンタメ

デート

(AH86/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

1日に放送された『あけましてねほりんぱほりん』(NHK)では、以前番組に登場した「パパ活女子」のマナミさんが現在の状況を告白。その後の生活が赤裸々に明かされ、視聴者からは驚きの声が上がった。

 

■パパ活女子のその後は

マナミさんは、司会のYOUが残した「母親に言えないような後ろめたいことはするな」という言葉に考えさせられたそう。気軽にお金を稼ぎたいと思い始めたパパ活だったが、母親や彼氏に嘘をつくことに罪悪感を感じた。

そこで現在は、「パパ」とデートする際には自宅までの車の送り迎えをやめ、食事デートをする際にはこちら側から店を提案するなど、危険なことに巻き込まれないよう気をつけているそうだ。

また、登録していたいくつかの出会い系サイトも退会し、利用するものはひとつに絞ったという。今後は信頼できる「月極めパパ」だけと過ごしていくと語った。

 

■「続けてるの?」「懲りてない」の声

犯罪に巻き込まれるリスクの高いパパ活。

マナミさんは「楽しかったな、と思い出したりできる生活になることがパパ活のゴールだと思っている」と、いつかは卒業することを前提に続けていくと決めた一方で、司会の南海キャンディーズ・山里亮太は「こいつやめねぇな」と呆れ声を上げた。

視聴者からも、そんなマナミさんに対して「懲りていない」、「やめてないんか」との声が相次いでいるなか、「月極めパパとのその後も見てみたい」といった声が上がっている。

 

■「既婚男性と2人きりで食事」行かない女性が半数

なお、しらべぇ編集部では全国20〜60代の女性687名を対象に「既婚男性とふたりきりで食事に行くか」を調査した。

「既婚男性とふたりで食事には行かない」と答えた女性が48.3%と、意外にも少ないことがわかった。不倫の代償や怖さが広まりつつある昨今だからこそ、疑いがかかることも避けたい女性が多いのかもしれない。

なおパパ活においては、既婚男性がパパをしていることがあるのも現状。数多くの男性とパパ活をしてきたマナミさんには、十分に気を付けてもらいたいところだ。

・合わせて読みたい→『ねほぱほ』ホストに貢ぐ女たち 生い立ちや名言に同意する声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の女性687名

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu