しらべぇ

『ルパンレンジャー VS パトレンジャー』 仲間を見捨てるヒーローの信念に絶賛の声

スーパー戦隊シリーズの新作は、怪盗 vs 警察の「ダブル戦隊」。ルパンレンジャーとパトレンジャーに期待の声。

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

10日、スーパー戦隊シリーズ42作目『怪盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系)が放送された。

ふたつのヒーローが相対する「ダブル戦隊」が話題になっている。

 

■1話のあらすじ

異世界から来た犯罪者集団「ギャングラー」たちが、地球でさまざまな悪事を働く。国際警察は役に立たず、「ルパンコレクション」を狙う怪盗のルパンレンジャーたちが義賊として活躍していた。

ある日、ルパンコレクションのライターを手に入れるため出撃した夜野魁利(伊藤あさひ)たちルパンレンジャー。そこへあらわれた朝加圭一郎(結木滉星)たち国際特別警察機構(GSPO)も、自分たちと同じ変身道具である「VSチェンジャー」を持っており、パトレンジャーとして変身するのだった。

 

■「仲間を助けない」ルパンレンジャー

(画像はTwitterのスクリーンショット)

戦隊ヒーローシリーズで史上初の「ダブル戦隊」が導入されている本作だが、第1話ではルパンレンジャーにスポットが当たった構成となっていた。

ルパンコレクションを盗むことになったルパンレンジャーたちだが、宵町透真(濱正悟)、早見初美花(工藤遥)がギャングラーに捕まるピンチに陥る。

そこで、ギャングラーから「仲間を見捨てるか、心中するか」の選択を迫られた夜野。しかし、仲間もろとも容赦なく攻撃するという決断に。

当然、ギャングラーからは「仲間もろともこの俺を」と咎められる夜野だが、「約束したんだよ俺たちは。たとえ誰が倒れても、残ったヤツが願いを叶えるって!」とルパンレンジャーの信念を語る。

早見、宵町も「どうせ助けてくれないって知ってたもん」「それがルールだからな」と、自力でその場を切り抜けるのだった。

 

■「死ぬ気で怪盗」にカッコイイの声

「自分のことは自分でどうにかする」「助け合わない」という、これまでにはない仲間関係のルパンレンジャー。ネット上でも「カッコイイ」「アウトローっぽくて良い」と好評のようだ。

 

■1話ではギャグ要員のパトレンジャー

(画像はTwitterのスクリーンショット)

第1話では「正義のアウトロー」であるルパンレンジャーの信念が明かされたが、パトレンジャーについてはまだ謎だらけ。熱血漢で悪事を許さない朝加のキャラもあり、1話の時点ではギャグ要員としての役割が強い。

次回予告ではパトレンジャー3人が合体して、『太陽にほえろ』の故・松田優作が演じる「ジーパン刑事」の殉職シーンのセリフ「なんじゃこりゃぁあ!」を叫ぶというパロディも。

ネット上でもパトレンジャーのギャグ要素を楽しむ声があがった。

 

強い信念で互いを助けないルパンレンジャー、そしてギャグの要素満点のパトレンジャー。ダブル戦隊の今後に目が離せない。

・合わせて読みたい→オッサンたち自由すぎでママ・松重の受難 ピンチ乗り越えた脚本を絶賛も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu